誰単語 "屋根" 最初の家の屋根の上に通常考え、リスニング。この屋根のタイプが、多くの人だけではなく、家の周りにあります:傘と日傘テラス、カーポートの上に屋根、小屋機器や屋根の屋根として機能屋根は、例えばあり、庭はカバー小屋。設計と構築に天候、風や天候からの保護に与えられるべきである巨大な重要性は共通して屋根のすべてのこれらのタイプを教えてください。屋根は、常に十分に計画されなければなりません。構造は、使用される材料は、特定の目的に適合していることも必須で解釈されるべきです。



屋根のための右の建材を探します

多くの屋根の種類は攻撃で大きな問題がなくても、経験豊富なホームセンターで撮影することができます。そこで彼は、時間を節約するだけでなく、コストだけでなく。テラスの近代化やログキャビンを構築するには、ステージ上に比較的短時間で、例えば配置することができます。それぞれの屋根の工事に使用する材料の種類に関する決定は、一つはその屋根のタイプであり、屋根がどのように使用されるか先の状態にする必要があります。例えば、パティオの屋根、カーポートやポーチとしてオープンルーフを構築したい人には、細胞のシートまたは波形シートに頼る必要があります。屋根が閉じている場合しかし、セルラーシートへのハンドルは、このよう推奨され、他のものの間で非常によく断熱に適しています。

屋根用プラスチック

透明性、半透明性、耐久性、耐紫外線性などの他の側面はまた、右の材料の意思決定にそれを書く必要があります。 PVCは、例えば、実際に購入する安価であるプラスチックは、だけでなく、迅速かつ汚い老化します。したがって、材料は、代表的なテラスの屋根には適していません。

ポリカーボネート製の、またはアクリルガラス製プレートをプロファイルしたツインウォールシートは、この目的のために推奨されています。これらは、長い間、すなわちなどの特殊な機能に加えて、多くの場合、明確かつ途切れないビューとを提供します "Sunstop"これは過度の加熱やセルフクリーニングコーティングを防ぐことができます。

正確に屋根を計画

自分で屋根を計画して誰もが、インターネット上で実用的なツールの頃はすべての種類です。だから、所望の材料を選択して、自動的に例えば屋根のオンラインコンフィギュレータ上で計算ワンクリックでプロジェクトのための材料の必要量を持つことができます。これらは、将来の屋根の寸法を入力するだけで、屋根のピッチに入れなければならない - あなたはすでに、ハードウェアの店で必要な材料を購入することができます。一つは、適切な取り付けアクセサリーを忘れてはならない - 屋根材を固定して切断するためにもツールを整理する - まだない場合。